初めてインプラントの説明を聞いた人

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどうちがうのか疑問に思うかも知れません。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものだそうです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。
それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのだそうです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのだそうです。
どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
自然に治ることはありませんので、早急に診察して貰わなければなりません。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのだそうです。
ほとんどのインプラント治療は保険が聴かず、全額自費を覚悟しましょう。ですから、不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を初める前に歯科医に話しておくと不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)や誤解がないでしょう。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全だったら冠のような形の義歯を造り、クラウンといわれている義歯をはめ込んでいけます。
これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶことも出来るのだそうです。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を初めるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れといっしょにだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めといっしょに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
基本的にすべて自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の費用が負担となる方もすさまじくいるようです。しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。
治療開始時に費用をすべて現金で用意できなくても、インプラント治療の開始は実現出来るようになりました。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨を大聴く削り直すことになります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのだそうです。